五月病?カラダの不調?心の不調?

久しぶりの更新になってしまいました。

気が付けば、もう五月、新緑が美しい季節となりました。

過ごしやすい気候のこの時期ですが、最近はそうでもない...というのが

本当のところでしょうか。

極端に暑かったり、かと思えば肌寒かったり、カラダもこの寒暖差に合わせることが

忙しく、大変ですよね。風邪をひいたり、体調を崩している方も多いのではないでしょうか?

 

このカラダの不調、みなさんはどう対処していますか?

薬を飲む?早く寝る、休むようにする?

 

不調に気づくのはいつでしょうか。

完全に症状が出てしまった後に気づく人が多いように思います。

というのも、カラダの重だるさや寝不足、食べ過ぎや飲み過ぎによる慢性的なお腹の張り、

便秘などなど、これらが当たり前のカラダの状態になっていて、カラダが軽くて気持ちいい

という状態がない...。

本来は、上記のようなカラダの状態は未病といって、病気になる手前のサインなんです。

この未病の時に気づいて対処をしてあげると病気になりにくいんです。

 

慢性的な疲労感や違和感はどうやったらなくなるのか。

それはみなさんが小さい頃から言われてきたであろう

『規則正しい生活』です!

なぜ、規則正しい生活なのか、それはカラダの内外に起こる様々な変化に対応して、体内の状態を

一定に保つ機能「ホメオスタシス」に直接関係しているからです。

「ホメオスタシス」には、自律神経系、内分泌系、免疫系の3つがあります。

この3つが連携して動いているのですが、例えば、自律神経系では、昼間は活動を支える交感神経が優位になり、

夜間は休息をもたらす副交感神経が主に働くというように、1日の流れの中でリズムを作って活動しています。

なので、規則正しい生活をおくることにより、カラダにリズムができ、カラダにスムーズな

働きがもたらされ、病気になりにくい、安定した状態を保つことができるんです。

 

本来はお日様が上がるとともに起き、日が沈むとともに寝るのが理想ですが、現代でこれを行うことは不可能に近い、

無理ですよね...。

できることは、まずは、起床の時間を一定にすること!

そして、次に食事の時間と就寝の時間を一定にすること

これは、大人も子どももできるだけ守りたい生活のリズムです。

まずは、こんな簡単なことですが、始めてみてください

 

 

鍼・灸マッサージ&ヨガ Re birth

住所 〒158-0094
世田谷区玉川2-15-7 ドルチェ・ニコタマ202
アクセス 田園都市線、大井町線二子玉川駅下車、徒歩5分

mail: rebirth.0810.nezu@gmail.com
営業時間 9:00〜17:00
お休み 日曜日
当店Facebookはこちら
http://bit.ly/1Njzt7i